雑記帳
日幡城の戦いと秀吉の深慮

2019年5月10日

 日幡城は、現在の倉敷市日畑の足守川西岸にあった城で、羽柴秀吉の中国攻めのとき、毛利方の境目七城のひとつになっていました。調略によって一旦秀吉方に奪われましたが、毛利方が威信をかけて奪い返した城として歴史に残っています。

日幡城址
日幡城址を北側から撮ったものです。左の小山に日幡城の本丸(東の丸)、右の土壇(現在はほとんど宅地になっている)に出丸(西の丸)が置かれていたと伝わります。

 天正10年(1582)秀吉が境目七城を攻めた当時、日幡城は城主の日幡六郎兵衛と毛利家から派遣されて近くの楯築山に陣を張っていた上原元祐(上原元将)が共同で守っていました。

 ところが、その上原元祐に秀吉から織田方へ寝返るよう誘いがありました。折しも備中高松城が秀吉に攻められている時であり、毛利氏から備中高松城への救援が進まない状況を見た元祐は、毛利氏の前途を悲観して秀吉の誘いに乗り、日幡六郎兵衛にも毛利家を裏切って秀吉の味方になるよう勧めたのです。

本丸があった小山
本丸があった小山に接近して南側から撮ったものです。現在用水路になっているところは堀切があったところだそうで、出丸があった場所はこの用水路の左側(西側)です。

 六郎兵衛はその誘いを断り、元祐を「あなたは、毛利家から多くの恩賞を頂かれ、毛利家の縁者の内にも加えられているのに、今逆意を起こせば、天罰を蒙り、先祖の名を穢し、子孫に恥辱を与えることになる。残念なことだ」と強く諌めましたが、元祐はその諫言を聞き入れず六郎兵衛を討ち果たして織田方へ寝返り、秀吉勢を日幡城に引き入れました。

* 上原元祐は、父の上原豊将が毛利元就に属して重要な役割を果たしたことによって、毛利元就の三女を妻に迎えることとなり、毛利氏の一族として重きをなしていたそうです。その元祐の離反は毛利方に大きな驚きと動揺を与えたと思われます。

 元祐の離反を知った吉川元春小早川隆景は、激怒して直ちに楢崎元兼に備中・備後の兵4000余りを率いさせて日幡城の奪還に向かわせました。

* 上原元祐は吉川元春・小早川隆景の妹婿であるし、元祐が加勢に入っていた日幡城は毛利軍の岩崎山陣の近くでもあり、元祐の寝返りは毛利家として到底許せるものではありません。これを許していては、寝返りの連鎖に発展し、毛利軍の統制を保てなくなるおそれもあるからです。

石碑
足守川西岸の道路沿い(二箇所)に日幡城址であることを示す石碑がありました。その西側の本丸があった小山は、立ち入り禁止になっていて、足を踏み入れることはできませんでした。

 毛利方は「もし楢崎元兼の背後に羽柴秀長宇喜多の軍が襲いかかってくれば、隆景が馳せ向かって戦う。もし秀吉自身が出てくれば、元春・元長經信等が出て雌雄を決したい・・」と作戦を練り、存亡を決する大決戦も辞さない覚悟でいたようです。

 これに対して、羽柴秀長や宇喜多勢は「楢崎元兼の軍は小勢だから背後から大軍で攻めて打ち破り、吉川・小早川もこのとき討ち取ろう」と勇んで秀吉に具申しましたが、秀吉は「考えがあって戦わず成り行きを見守っているのだ。この軍の兵卒一人でも出て戦う者がいたら、厳重に処罰する」と陣々に触れさせました。

 秀長も宇喜多勢も秀吉の許しなくして戦うわけにいかず、腕を撫でて見守るばかりでした。

 日幡の城中では「秀吉の大軍が必ず救援に来る」と信じてそれを頼りに楢崎軍の攻撃に堪えていましたが、秀吉が敢えて救援しなかったので、やがて日幡城は陥落し、元祐は城を脱出して秀吉の陣へ逃亡しました。(なお、毛利元就の三女である上原元祐の妻は、楢崎元兼に助けられて吉田郡山城へ送り返されたようです)

* 秀吉のもとに逃れた上原元祐は、後に京に流漂しましたが2年後に死去しています。(何者かに殺害されたという説があります)

東南から撮った城址
足守川の東岸側から撮ったものです。手前の川が足守川で、その向こうに日幡城が築かれていた小山が見えます。

 その夜、秀吉は諸将を集めて次のように言いました。

「毛利勢が日幡城を攻めた時、我軍が一戦していれば思いのままに勝っていただろう。しかし毛利勢の強さもよく知っている。高松城を攻め落としさえすれば敵は自ら退散するに違いないのだから、今危い合戦をして味方の士卒一人でも失っては何の利益もないだろう。

 それに、もし毛利と大決戦になって吉川・小早川を討ち取れば、毛利は一ヶ月もしないうちにばらばらと崩れ、長州も芸州もことごとく秀吉のものになるだろう。だが、そうなってはまずい。そのように目立って大きな功を立てたりしたら我が身に災いがあるというものだ。

 昔、木曽義仲は平家を西海に追い落としたが頼朝に滅ぼされたし、韓信も多大の功績をあげて劉邦の覇権を決定付けたが(天下を奪う器であったことも災いして)滅ぼされてしまった。いわゆる『すばしこい兎が死ぬと、良い猟犬も不要になって煮られてしまい、空を飛ぶ鳥が射落とされていなくなってしまえば、良い弓もお蔵入りとなる。敵国を滅ぼしてしまえば、功績のあった謀臣も用済みとなって殺されてしまう』と云うではないか。

 これを思うので、たとえ百戦百勝の利があるとしても自分だけの力で合戦はしない。信長公を待ってその先陣に進み、信長公の命令を守って毛利家を退治するべきと考えたのだ」

 そして秀吉は信長に加勢を乞う急使を立てました。

* この秀吉の考えは太閤記にも陰徳太平記にも記されていますが、秀吉単独で毛利を滅ぼすのはまずい(信長に警戒されるリスクがある)と、毛利との大決戦を避けていたように思われます。加茂城の戦いでも、秀吉は途中で兵を退かせています。
 この考えの裏には竹中半兵衛の遺言があったようで、太閤記には「竹中半兵衛重治が死期の遺言、我が為の金言なり」という秀吉の言葉が記されています。
 半兵衛は、天正7年(1579)三木城攻めのとき平井山の陣中で没していますが、このとき既に、「『信長様にお出まし頂かねば秀吉だけではどうにもなりません・・・』とへりくだり、信長にとって代わる器量も意思もないことを示すのが肝要」などと信長に警戒心を抱かせないための策を秀吉に授けていたと思われます。

 

参考資料 : 太閤記,陰徳太平記,中国兵乱記,その他