雑記帳

 日幡城は、現在の倉敷市日畑の足守川西岸にあった城で、羽柴秀吉の中国攻めのとき、毛利方の境目七城のひとつになっていました。調略によって一旦秀吉方に奪われましたが、毛利方が威信をかけて奪い返した城として歴史に残っています。

この記事の続きを読む