雑記帳

 日幡城は、現在の倉敷市日畑の足守川西岸にあった城で、羽柴秀吉の中国攻めのとき、毛利方の境目七城のひとつになっていました。調略によって一旦秀吉方に奪われましたが、毛利方が威信をかけて奪い返した城として歴史に残っています。

この記事の続きを読む

加茂城に行きました

2019年3月21日

 加茂城(別名 鴨庄城)は、足守川沿いに開けた沖積平野の中(現在の岡山市北区加茂)に築かれた平城で、戦国時代末期には、西進する織田方軍勢に備えて毛利方が備中南東部の国境沿いに構えた境目七城のひとつになっていました。 

smile 境目七城とは、宮路山城、冠山城、備中高松城、加茂城、日幡城、庭瀬城、松島城 の七つの城

この記事の続きを読む

 備中高松城は、織田信長の命を受けて中国攻めを進めていた羽柴秀吉が黒田官兵衛の献策といわれる水攻めによって攻略した城として知られています。
 このほど、その城址や関連史跡を訪ね、戦いのあった当時に思いを馳せました。

この記事の続きを読む

 備中高松城は、天正10年(1582年)羽柴秀吉水攻めされた城として知られ、当時 毛利氏配下の清水宗治が守っていました。
 このほど、その城址に立って、戦いの軌跡と秀吉 宗治 隆景それぞれの決断に思いを巡らしました。  

この記事の続きを読む